またSMITH、また2ndグレード

Road/CX用でNetworkを2つ続けて買うくらいSMITHのヘルメットが気に入っているので、MTB用ヘルメットの買い替えも迷わずSMITH、迷わずSessionです。ただ、カラーバリエーションが豊富すぎるのが悩みどころ。Sessionの場合、2021年初時点で日本国内は7種類、本国アメリカは11種類の展開!!

さて、どれにするか。あれ、2020年限定リリースだった"Get Wild"シリーズがまだ国内在庫あるじゃない。カラーもロゴも90年代の雰囲気で難易度高いから?でも、自分がメインで使ってるアイウェア”Wildcat”も”Get Wild”シリーズだしアリだな。というワケでポチっと。Wildの掛け算です。

実際届いたブツを見てみて、、、ピンクのバイザーが非常に目立つ。他メーカーには無いデザインで凄くカッコイイけど、オッサンにはハードル高いかも(笑)
FullSizeRender
IMG_8298

で、予めこんなものを一緒に買っておきました。交換パーツとして売られているブラックのバイザー。あえて”Get Wild”最大の特徴を除外する、あえて普通に戻す。Wildの掛け算からの引き算です。
FullSizeRender

それでは合わせてみましょう。
FullSizeRender
IMG_8307
お、落ち着いた雰囲気になった!ちょっとした工夫で、このパッケージで最初から売られてたかのような纏まりになりました。アイウェアとのバランスも良し👌

気分やウェアに合わせてバイザーの色を変える、 “Get Wild”シリーズならではの楽しみ方を見つけました✌️


ところで、この記事で何回Wildって出てきたのかな🤔

2020年の男女エリート世界チャンピオン他、有力選手が移籍(現チーム離脱)発表しているのでまとめ
xco2021

< Men >
Jordan Sarrou ('20 Elite World Champ)
ABSOLUTE-ABSALON → 
SPECIALIZED
Gerhard Kerschbaumer ('18 Elite World Championships 2nd)
TORPADO URSUS  SPECIALIZED
Alan Hatherly ('18 U23 World Champ)
SPECIALIZED
→ CANNONDALE
Simon Andreasen ('14,'15 Junior World Champ)
SPECIALIZED → CANNONDALE
Maxime Marotte (Rio Olympics 4th)
CANNONDALE SANTA CRUZ FSA
Luca Braidot (Tokyo Olympics Test Event 3rd)
OLYMPIA → 
SANTA CRUZ FSA
David Valero Serrano (5times Spanish National Champ)
MMR → BH TEMPLO CAFÉS UCC
Janis Baumann ('20 Junior World Championships 
2nd)
Club team?
TREK PIRRELI
Oliver SØLVHØJ ('20 Junior Euro Champ)
Giant-Asoss off-road → 
TORPADO URSUS
Maximeが抜けたCannondaleが何か匂わせ投稿しているので、若返り狙いで元スペシャ若手(Alan or Simon)どちらかが移籍かな?→なんと2人とも移籍!

<Women>
Pauline Ferrand Prevot ('15,'19,'20 Elite World Champ)
CANYON ABSOLUTE-ABSALON
Sina Frei ('19 U23 World Champ)
GHOST → 
SPECIALIZED
Emily Batty ('16.'18 World Championships 3rd)
TREK CANYON
Martina Berta ('19 Italia Champ,'15 Junior World Champ)
TORPADO URSUS → SANTA CRUZ FSA
Haley Batten ('20 U23 World Championships 4th)
SPECIALIZED → TRINITY
Linda Indergand ('20 Elite World Championships 15th)
MALOJA PUSHBIKERS Liv
Nicole Koller ('14 Junior World Champ)
möbel märki GHOST
Nadine Rieder ('20 Elite World Championships 32nd)
ROTWILD → GHOST
PaulineはABSALONでしょうね  →正解!
Sinaはスペシャやキャノンデールといったビックチーム移籍かも→スペシャ!

トレイルライドメインで乗っているElectric Queen。ボトルケージはスタイル重視でElite Ciussiを使ってるんだけど、Hold力が弱いためダウンヒル中にボトルが飛んでいくことも・・・。

さすがに不便なのでHold力重視でボトルケージを探した結果、「DAVOSグラベルケージ」という、MINOURA製のオフロード専用設計ボトルケージを見つけたのでポチッ。DAVOSってのはFUKAYAのオリジナルブランドなんですね。
IMG_7692

見た目はシンプルなのでバイクとのマッチングも良し。向きはこれで合ってますよ!
IMG_7694
IMG_7698

で、肝心のHold力。写真のOGK製ボトルだと、ボトルの抜き差しに苦労するレベルで焦りました。キヨシローが変形しながら泣いてます。


ちなみに、他社製ボトル(スペシャやAttaquer)だと、もっとスムーズな抜き差しでした。

FUKAYAのサイトによると、「上から引っ張られる力に対して強く保持されるので、左右斜めの角度だと抜きやすい」とのこと。抜きやすい方法があるとはいえ、XCレースのような1秒を争う状況で使う感じではないでしょうね。休憩時にゆっくり水分を取れば良いトレイルライド向き。ボトル紛失の心配から解放されてダウンヒルセクションを楽しめそうです。

高いモノではないので、気になったら試してみてもよいかと思います。

↑このページのトップヘ