2020年の男女エリート世界チャンピオン他、有力選手が移籍(現チーム離脱)発表しているのでまとめ
xco2021

< Men >
Jordan Sarrou ('20 Elite World Champ)
ABSOLUTE-ABSALON → 
SPECIALIZED
Gerhard Kerschbaumer ('18 Elite World Championships 2nd)
TORPADO URSUS  SPECIALIZED
Alan Hatherly ('18 U23 World Champ)
SPECIALIZED
→ CANNONDALE
Simon Andreasen ('14,'15 Junior World Champ)
SPECIALIZED → CANNONDALE
Maxime Marotte (Rio Olympics 4th)
CANNONDALE SANTA CRUZ FSA
Luca Braidot (Tokyo Olympics Test Event 3rd)
OLYMPIA → 
SANTA CRUZ FSA
David Valero Serrano (5times Spanish National Champ)
MMR → BH TEMPLO CAFÉS UCC
Janis Baumann ('20 Junior World Championships 
2nd)
Club team?
TREK PIRRELI
Oliver SØLVHØJ ('20 Junior Euro Champ)
Giant-Asoss off-road → 
TORPADO URSUS
Maximeが抜けたCannondaleが何か匂わせ投稿しているので、若返り狙いで元スペシャ若手(Alan or Simon)どちらかが移籍かな?→なんと2人とも移籍!

<Women>
Pauline Ferrand Prevot ('15,'19,'20 Elite World Champ)
CANYON ABSOLUTE-ABSALON
Sina Frei ('19 U23 World Champ)
GHOST → 
SPECIALIZED
Emily Batty ('16.'18 World Championships 3rd)
TREK CANYON
Martina Berta ('19 Italia Champ,'15 Junior World Champ)
TORPADO URSUS → SANTA CRUZ FSA
Haley Batten ('20 U23 World Championships 4th)
SPECIALIZED → TRINITY
Linda Indergand ('20 Elite World Championships 15th)
MALOJA PUSHBIKERS Liv
Nicole Koller ('14 Junior World Champ)
möbel märki GHOST
Nadine Rieder ('20 Elite World Championships 32nd)
ROTWILD → GHOST
PaulineはABSALONでしょうね  →正解!
Sinaはスペシャやキャノンデールといったビックチーム移籍かも→スペシャ!

トレイルライドメインで乗っているElectric Queen。ボトルケージはスタイル重視でElite Ciussiを使ってるんだけど、Hold力が弱いためダウンヒル中にボトルが飛んでいくことも・・・。

さすがに不便なのでHold力重視でボトルケージを探した結果、「DAVOSグラベルケージ」という、MINOURA製のオフロード専用設計ボトルケージを見つけたのでポチッ。DAVOSってのはFUKAYAのオリジナルブランドなんですね。
IMG_7692

見た目はシンプルなのでバイクとのマッチングも良し。向きはこれで合ってますよ!
IMG_7694
IMG_7698

で、肝心のHold力。写真のOGK製ボトルだと、ボトルの抜き差しに苦労するレベルで焦りました。キヨシローが変形しながら泣いてます。


ちなみに、他社製ボトル(スペシャやAttaquer)だと、もっとスムーズな抜き差しでした。

FUKAYAのサイトによると、「上から引っ張られる力に対して強く保持されるので、左右斜めの角度だと抜きやすい」とのこと。抜きやすい方法があるとはいえ、XCレースのような1秒を争う状況で使う感じではないでしょうね。休憩時にゆっくり水分を取れば良いトレイルライド向き。ボトル紛失の心配から解放されてダウンヒルセクションを楽しめそうです。

高いモノではないので、気になったら試してみてもよいかと思います。

MTBはずっとビンディングを使ってきたけど、最近なんとなくフラットペダルを導入したのでシューズも新調。

選んだのはRIDE CONCEPTS。フラットペダル用シューズって地味な色使いのシューズが多い印象なんだけど、こちらは地味・派手バランスよくラインナップされてて選ぶ楽しみがあるのが嬉しいところ。また、Downhill用・Enduro用・Trail用・Dirt Jump用などなど、用途別にアッパーもソールも形状が違うなど、機能的にも良さそう。元FIVE TENのスタッフが立ち上げたブランドだそうです。

自分はTrail Ride中心ではあるものの、見た目重視でDirt Jump向けのVICEを選択。国内代理店LOVE BIKESさんのサイトから注文したら24時間かからず到着!Amazonより速いゾ!到着したシューズがこちらです。
IMG_7577

grumpyさんの楽天サイトに記載の「サイズに迷ったら大きめのサイズを」を参考に、VANS US9に対して、RIDE CONCEPTS US9.5を選択。サイズ感はバッチリ(grumpyさんには欲しい色が無かったm(__)m)

サイズ差以上のボリューム感、写真から伝わります?造りがガッシリしててデカイんです。
FullSizeRender
FullSizeRender

ソールで比較すると大きさの違いが分かりやすいかな?(カモ柄VANSはソール汚れが凄いので別のVANSで比較)
FullSizeRender

アウターソールはRubber Kinetics社との共同開発で、グリップレベルはMAX,HIGH,MIDの3段階。今回購入したVICEはHIGH。ちなみにRubber Kinetics社、自分もロードバイクに使ってるGOOD YEAR自転車タイヤを作ってるところ・・・運命的な出会いだな。インナーソールには、D3Oというバイク用プロテクターにも使われる衝撃吸収材が使われてます。
IMG_7581


で、早速トレイルで使ってみました。

一番違いを感じたのはダウンヒルでの足裏の疲れにくさ。VANSだと長めのダウンヒルで足裏に痛みを感じることがありましたが、RIDE CONCEPTSはアウターソール・インナーソールが衝撃を吸収してくれているんですかね、痛みを感じることなく快適にダウンヒルできました。これは良いシューズ!
IMG_7628

肝心のペダルへの食いつきは、VANSでも踏み外すことが殆どなかったこともあり、正直よくわかりませんでしたw まぁ、不満に感じることは無いでしょうね、多分(知らんけど)。

MTBでフラットペダルを使い始めた方、RIDE CONCEPTS検討してみては如何でしょう。

↑このページのトップヘ