2015年、練習中の不注意でRONNYを傷めてしまい、次のシクロクロスバイクを探すことになったのだが、全く迷いなくSTOEMPER EDDYを選択。アルミのRONNYとスチールのEDDYはどう違うんだろう、と。パーツは完全移植で、サイズは同じで、カラーは好きなF1マシンをイメージして。オーダー事項は以上w
6E0A8B84-A67F-41F7-A502-4C2B21108A42
Jordan191、最も美しいF1カーとして取り上げられることも多い、ゲイリーアンダーソンが手がけたマシン。ミハエル・シューマッハのF1デビューしたマシンとしても有名。うん、今みてもカッコイイ。

F1には乗れないけど、コレを再現したバイクには乗れる。ハンドメイドバイク、カスタムペイントの醍醐味ですね!
00EB098F-FA31-49CB-92B2-D9A0782435FD
鮮やかなグリーンが堪らん。思わず7upステッカー貼りたくなる。凝ったペイントも素敵だけど、こういう分かりやすいペイントはレースシーンで映えるかな、と思う。

乗り味?クイックです、以上w

わたくしは鈍感なので、細かいことはチームメイト、もう1人のSTOEMPERライダーに聞いてください。

IMG_0662
ところで、わたくしのバイクのレバーが左右で異なっているの、気づいてた方います?

これ、2012年ベン・ベルデンのバイクの真似です。当時はフロントシングル専用コンポなど無い時代、左側だけSRAMのシングルスピード用レバーを採用。
FORCE22のシフター抜けば良いじゃないか、とかロマンがないこと言ってはいけません。未だにワイヤーディスクなの?は、もっと言ってはいけません。

それでは、今シーズンも張り切って参りましょう。