パワーメーター歴 わずか半年のワタクシが言うのもなんですが、お金を払う価値はあると思うんですよね。他を知らないけど。

Today’s planが組んだプランは、月曜:レスト、火曜〜木曜:ローラー1時間、金曜:レスト、土曜:1.5時間ライド、日曜:3時間ライド。内容はSSTだったりTempoだったり週毎に変わり、徐々に負荷もアップ。週あたりTSS 400〜500でターゲットレースまで積み重ねて、レース直前はTSBを減らして行く感じ。コレを自分でコントロールするのは結構タイヘンなんじゃ?出来なかった場合でも無理にキャッチアップする必要は無い、とのこと。cyclowiredにも記事がありますね。
IMG_0905
今のところ、ほぼクリア。少ないとか短いとか言わない^_^


で、ライド後のデータ振り返りも楽しい。分析機能がとにかく充実していて、例えば散布図なんかもある。見切れちゃってるけどX軸がパワー Y軸が心拍。パワーと心拍のタイムラグも設定可能。コレをみると心拍170超えたあたりからパワーが伸びてない事がわかる。
Screenshot_2018-12-17-20-02-37

データ組み合わせは自由。相関分析し放題!
IMG_0906

面白いのがPerformance Index。超簡単に言うと、その人の「強み」を1〜1000で表すもの。詳しくはサイトを参照。

Peak: 3 second power
Sprint: 10 second power
Long sprint: 30 second power
Lactate: tolerance: 1 minute power
Maximum aerobic power: 3 minute power
Sustained aerobic power: 6 minute power
Short endurance: 15 minute power
Long endurance: 40 minute power

いま現在はShort enduranceが調子いいらしい。
IMG_0908

時系列に見ると7月中旬が最もPI値が高くLong sprintが調子いい。皇居グルグル走りまくってたからな、実感ある。
IMG_0910


ちょっと珍しいかな、と思うのが「感覚」のロギング。RPE、TQR、LQSと、見慣れないアルファベットが並ぶ。
・RPE=RATE PERCEIVED RECORD 
・TQR=TOTAL QUALITY RECOVERY 
・LQS=LEG QUALITY SCORE
コレをライド後に自己評価して入力。
FullSizeRender
メニューへの感想も入力。
FullSizeRender
残念ながら、このデータがどう活用されているかは不明。プランの組み替えとかに活かされてたら面白いと思う。

とまあ、書ききれないほど色々できます。正直、素人では持て余すくらいの機能。こういうの好きな人、7日間無料なので試してみてはいかがでしょうか。