2018年07月

STOEMPERのことをネットで調べていると、オーストラリアのWheelhausというショップを見つけた。で、Wheelhausが推してるのが同じオーストラリアのウェアブランドATTAQUER

ヘルメット被って舌出したガイコツ、、、第一印象は「何だこのダサかっこいいの」。シンプルなデザインもあるのだが、限定モノの中にはかなり好き嫌いが分かれそうなデザインも。攻めてる感。

とにかく、気になってしまったので、先ずは小物から購入。
atq1
atq2
このソックスが非常に良かった。生地がとにかく硬い。嫌な硬さでなく、ビシッと脚が締まる気持ちいい硬さ。気に入ったのでATTAQUERで他の買い物するときは買い足してます。気になるブランドを見つけたら「先ずは小物」で雰囲気を感じてみるのはアリかなあ、と。ここから買えば初回10%オフ。

自転車を始めたころのヒーロー、John Tomacがカッコいいのはヘルメットがイカスから。ひと目でTomacとわかる個性的な風貌。
helmet1

真似したいよね?ヘルメットで個性出したいよね?

STOEMPERのイメージでRadical Bratsさんに塗ってもらったのがコレ。想像以上の出来に、受け取ったときは全身シビレた。鋭い眼光、鋭い牙、まるで生き物。プロの仕事はすごい。
helmet2
このヘルメットもそろそろ耐用年数に達する。次のヘルメットをペイントに出すかどうかはわからないけど(お財布的に…)、ステッカーチューンでも何でも良いので、ひと味違うヘルメットを被りたいな。

STOEMPER。Vimeoで気になる存在になり、お台場でベン・ベルデンにグッときて、1年たっても気になってたからコンタクトした。
stoemper1

お台場であれだけ目立ってたので意外だったのだが、日本からのオーダー第1号になれた。天邪鬼サイクリスト的には最高の称号。STOEMPERを機に、後には引けない世界に足を踏み入れたのは間違いない。STOEMPERの中の人とのやりとりの全てはコチラ
stoemper2
残念ながら練習中の不注意によりRONNYは引退となってしまったが、大好きなフレームなので部屋に飾ってあります。

インスタで一目惚れからの衝動買い、これをインスタ買いと言います。決断は早かった。限定モデルで日本への入荷数が極端に少なく、完成車Mサイズは日本に2台のみ。縁あって購入することが出来ました。14年振りのマウンテンバイク、ずっと買い替えたかったんだよね。関係各位に感謝。allcity1

allcity2

90年代なカラーリングがたまらん。パーツはSRAMのGXグレード、遊び用(レースに出る訳ではない)からコレで十分。シートポストだけBIKEYOKEのドロッパーに交換。

それにしても、26インチのクロカンバイクと27.5+のトレイルバイク、もう全く別の乗り物ですな。早くトレイルで試してみたい。

allcity3
allcity4

マウンテンバイク Jシリーズのクロカンに出てた頃に使っていた、SIX SIX ONEのシューズ。

661

ダウンヒル系のブランドのクロカン系ラインナップは珍しい。ただそれだけの理由で使ってた。異なるジャンルを調べて、新しい発見があると楽しいんだな。

いまはビンディングシューズは無いけど、ヘルメットやグローブなんかはシクロクロスで使ってみるとカッコイイかも


↑このページのトップヘ