タグ:stoemper

ロードバイクが欲しい。シクロクロスバイクにスリック履かせたヤツじゃなく、本格的なロードバイクに乗ってみたい。もちろん、誰とも被らないヤツで!と思い立ったのは1年以上前だったか。

インスタ徘徊で物欲アンテナに引っかかったのはQuirk、Spookyなど。コンタクトして色々確認したのだが、自分が求めているものとは何か違った(詳細略)。

で、やっぱ自分に合うのは、ブランドイメージとか乗り味とかトータルで考えてSTOEMPERしかない! かつてシクロクロスでも乗っていたアルミに再び乗りたい!となったワケです。

そうと決まれば話は早い。EFFECTノッチに連絡してゴニョゴニョ。自分にとって一番大切な「見た目」は、EDDY同様に好きだったF1マシンから。
FullSizeRender
レイトンハウスCG901。空力がセンシティブすぎて、ハマると速いがハズすと遅い。1990年フランスGP、終盤までトップを維持したカペリの走りには興奮した。この写真を渡して、あとはToddの好きなように「お任せ」です。彼を信頼しているからできる、大人な買い物。

待つこと約半年。裸のフレーム、ペイントされたフレームが続けてインスタにアップされるSTOEMPER恒例行事に興奮。従来のペイントスキームには無い塗り分けで「そう来たか!」という感じ。

程なくしてEFFECTにフレームが上陸し、感動のご対面。パーツが揃ったところでノッチに組んでもらったら、いよいよ完成です。

IMG_1018
IMG_1020
IMG_1022



Top 550mm,Stem 120mm。コンポはSRAM、ホイールはRolf、サドルはFizikと、シクロクロスバイクと同じメーカーで揃えることで統一感を意識。ちなみにキングケージもマッチペイント。

ちょっと感動したのがコレ。ダウンチューブからのワイヤー出口にある小物。
IMG_0925
手作り!!!!
IMG_0924

こだわったのがタイヤ。国内取り扱いがなく、わざわざ海外から取り寄せたGOOD YEARです。CG901には、ピレリやミシュランやブリヂストンじゃダメなんです。



きっと気持ちよく走れるバイクに仕上がってるハズ。さあ、こいつで新しい世界を楽しもう!

2015年、練習中の不注意でRONNYを傷めてしまい、次のシクロクロスバイクを探すことになったのだが、全く迷いなくSTOEMPER EDDYを選択。アルミのRONNYとスチールのEDDYはどう違うんだろう、と。パーツは完全移植で、サイズは同じで、カラーは好きなF1マシンをイメージして。オーダー事項は以上w
6E0A8B84-A67F-41F7-A502-4C2B21108A42
Jordan191、最も美しいF1カーとして取り上げられることも多い、ゲイリーアンダーソンが手がけたマシン。ミハエル・シューマッハのF1デビューしたマシンとしても有名。うん、今みてもカッコイイ。

F1には乗れないけど、コレを再現したバイクには乗れる。ハンドメイドバイク、カスタムペイントの醍醐味ですね!
00EB098F-FA31-49CB-92B2-D9A0782435FD
鮮やかなグリーンが堪らん。思わず7upステッカー貼りたくなる。凝ったペイントも素敵だけど、こういう分かりやすいペイントはレースシーンで映えるかな、と思う。

乗り味?クイックです、以上w

わたくしは鈍感なので、細かいことはチームメイト、もう1人のSTOEMPERライダーに聞いてください。

IMG_0662
ところで、わたくしのバイクのレバーが左右で異なっているの、気づいてた方います?

これ、2012年ベン・ベルデンのバイクの真似です。当時はフロントシングル専用コンポなど無い時代、左側だけSRAMのシングルスピード用レバーを採用。
FORCE22のシフター抜けば良いじゃないか、とかロマンがないこと言ってはいけません。未だにワイヤーディスクなの?は、もっと言ってはいけません。

それでは、今シーズンも張り切って参りましょう。

↑このページのトップヘ